総合建設業 有限会社和興建設
奈良の木材を使用し、住まい手に合わせた「ちょうど良い」住宅を実現した家づくりプロジェクト。

ならむくの家

専門家と築き上げる「家づくり」を、すべての人と共有したい。「奈良の木材」「住まい手」という2つの軸をベースに、まっすぐな姿勢でひとつひとつに確かなまなざしと磨きをかけ、奈良の自然と一体になる住環境を適正な価格でご提供します。
地元密着で確かな技術を提供する「和興建設」と、細やかなプランニングの「アル建築設計」。奈良で活動する工務店・建築士・不動産が手を携えて、新しい住宅のカタチを提供し続けます。土地をお探しの方には「斑鳩産業」がお手伝いします。

  • 無垢材とは
  • なぜ構造材に無垢材を使うのか
  • 奈良の木を使うことについて
  • ならむくの家ができるまで
  • 間取りと暮らし方の提案
  • プロジェクトメンバー
  1. 無垢材とは

    家づくりに使う木材には、自然の木そのものを製材した無垢材と、厚さ2~3センチの乾燥した板を接着剤でつなぎ合わせて作った集成材があり、それぞれに長所と短所があります。
    無垢材は木そのもので、化学物質を使用していない天然の素材です。長い年月を経て風合いを増しながら多くの人に親しまれています。しかし、育った地形や気候などの環境により品質が一定ではなく、家が完成した後も割れや反りが起こる可能性があります。それも自然を感じながら暮らすことの楽しみでもあります。

  2. なぜ構造材に無垢材を使うのか

    かつて日本の住まいは、無垢材のみで作られていました。桧の無垢材ですと、伐採されてから200年から300年後に強度のピークを迎えます。部分的な修繕や補修を重ねながら、親から子、子から孫へ引き継がれ、長期にわたり使い続けることができました。住宅に使用するすべての木材を無垢材にすることはもちろん素晴らしいことですが、建設費用がアップしたり、メンテナンスにも配慮が必要になります。
    そこでならむくの家は、「奈良の木材」と「住まい手」を両立させるために、「構造材」に着目しました。構造材は、家を建ててしまった後では、簡単に取り換えることはできません。つまり、構造材に無垢の木材を使用することは、とても理にかなったことだと言えます。県産無垢材の構造材で作った家を確かな技術力で提供することで、長く住み続けられる家を目指します。

  3. 奈良の木を使うことについて

    奈良県は古くより林業が盛んで、多くの木材が作られてきました。長年培われた技術により、奈良県の木材は優れた品質を維持しています。地元に優れた材料があるのに使わない手はありません。
    私たちは地元企業との連携により、奈良県地域認証材を使用し、安心のコストパフォーマンスを実現した「無垢材」の家をご提案できるのです。
    地場産業を盛り上げ、長距離輸送の必要がなく、環境に優しい「地産地消」を目指すことで、住まい手を中心とした「ならむくの家」に関わるたくさんの幸せをつなぎたいと考えます。

  4. ならむくの家ができるまで

    ならむくの家は、敷地の環境と住まい手の暮らしに合わせたプランづくりを致します。ご家族のこと、日々のこと、将来のこと、住まいへのこだわりなどを伺ってから、プランをご提案します。

    1. 面談
    2. 敷地の決定
    3. 住まい手の暮らしをヒアリング
    4. プラン提案
    5. ご契約
    6. プラン決定
    7. 地盤調査・設計・建築確認申請
    8. 工事着工
    9. 中間検査
    10. 完了検査
    11. 竣工
    12. お引き渡し
    13. 一年点検(アフターフォロー)
  5. 間取りと暮らし方の提案

    一級建築士事務所アル建築設計の女性建築士によるプランニングは、『住まい手との対話』を重視した、心地良く、調和のとれた空間設計が特徴です。
    建築士としてのこれまでの経験や感性をもとに「ならむくの家」のコンセプトと融合した、自然と一体となる住まいづくりを、お客様と共に進めてまいります。

  6. プロジェクトメンバー

    和興建設として、住宅のプロフェッショナルとの様々な繋がりから、「ならむくの家」のコンセプトに賛同・協力の声をあげてくれた仲間と共に、新しい暮らしのカタチを提案して参ります。

    • 辻本高志
      辻本 高志
      一級建築施工管理技士
      一級土木施工管理技士
      一級造園施工管理技士
      有限会社 和興建設

      住宅というのは時間をかけ入念にプランを立てることで、より理想に近い提案ができると思います。高額な買い物ですから、まずは一緒に住宅についての構想を語り合いましょう。

    • 渡邊有佳子
      渡邊 有佳子
      一級建築士
      アル建築設計

      奈良県生駒市を拠点に、クライアントとの対話を大切にすることを日々こころがけ、環境とデザインが調和した住まいづくりをしています。

    • 上田昌紀
      上田 昌紀
      宅地建物取引主任者

      住宅購入に関する、様々な不安や疑問を解決いたします。
      豊富な経験をもとに、気になるお金の相談まで分かりやすくサポートいたします。

上へもどる